【熱燻】ひと手間加えて高級感のある味に! スモークチキンのガーリックソテー

今日は鶏もも肉(骨なし)を使った簡単熱燻レシピのご紹介です(^^)/

先日骨付き鶏もも肉のスモークチキンを紹介しましたが・・・

ゆずぽん的には骨付き肉は特別な時に使う印象が強く・・・
気軽に作るって感じではないんですよね~。焼きもオーブンを使いますし・・・

なので、普段は骨なしもも肉を使って燻製をしているのですが、これまたおつまみとしては最高なんですよ!

ガーリック風味に仕上げたスモークチキンはビールやワインにぴったりです(*´ω`*)

早速作り方をご紹介。

今回使うのは鶏もも肉です。

特に下処理もなく、いきなり塩漬けです。

味付けは簡単にできる乾塩法で。

塩のレシピはこんな感じ

乾塩法の塩レシピ

ハーブ塩 ・・・ 肉の重量の2%
砂糖   ・・・ 肉の重量の1%

・濃いめの塩味が好みであれば、3%にハーブ塩を増量して砂糖は無くてもオッケーです。
・ゆずぽんは焼くときに生のニンニクを使いますが、ガーリックパウダーがあれば、ここに混ぜてもオッケーです。

※ハーブ塩は「クレージーソルト」や「マジックソルト」がスーパーで購入しやすいのでお好きなものでどうそ。ちなみにゆずぽんは、宮崎県のローカルハーブ塩「マキシマム」を使ってます。宮崎ではかなり有名なハーブ塩でして、クミンが入っているのでカレーのような香りが少しするんですが・・・これで唐揚げを作ると、白髪のおじいさんが作った唐揚げのような味がして病みつきです(*´ω`*)

調味料を両面にしっかりとすり込んだら、最低30分は放置して味を染み込ませてください。

でもって、時間が経ったら早速熱燻です。

キッチンペーパーで表面の水分を吸い取り、燻製器にセットします。

今回使うスモークチップは「サクラ」。
煙が多く香りがつきやすいので短時間で仕上げるにはベストの燻製材です。

使う量は・・・今回の燻煙時間は短いので10g程度、ひとつかみ弱ってとこです。

熱燻を上手に仕上げるポイントは別記事にまとめてありますので、読んだことのない人はご一読くださいm(__)m ■熱燻のポイント記事はこちら■

燻製方法ですが・・・

まずは中火であたためます。数十秒で煙が出始めるので、蓋をして弱~とろ火で5分燻煙します。その後火を消し10~15分放置してください。

で出来上がりがこちら・・・

写真だとわかりにくいのですが、ほんのりと茶色く色づいていますよ~
短時間で色がつくのがサクラの特徴ですね( *´艸`)
ヒッコリーだと5分では色があまりつきません・・・

最後に、燻煙された鶏肉を弱火でじっくりソテーします。

適量のオリーブオイルと刻んだニンニクをフライパンに入れ、焼いていきます。
皮をパリッと仕上げたいので、皮目から焼いてくださいね~。
それと、ニンニクが焦げてしまうとせっかくの香りが台無しになってしまいますので、ニンニクを焦がさないように弱火でじっくりとソテーしましょう(^^)/

皮目がしっかりと焼けたら裏返して、中まで火を通していきます。
肉厚で火が通りにくいので、蓋をして蒸し焼きににするとジューシーに仕上がりますよん!

でもって、出来上がりがこちら(^^)/

弱火でじっくりソテーしたので、外はパリッと、中はジューシーに仕上がってます(●´∀`)人(´∀`●)

ニンニクとスモークのフレーバーが相性抜群!

冷めても美味しくいただけるので多めに作っても大丈夫ですよん( *´艸`)

■今回使用した燻製道具の紹介■

【自作のたまご型燻製器】

熱燻製向きの燻製器ですが、チーズや蒲鉾など火を通さなくてよい加工食品の燻製にも使える便利な燻製器です。100円ショップで材料を集めれば1,000円以下で作れますよ~

【スモークチップ サクラ】

日本人のソールウッド「桜」をチップにしたもの。香り・色づきが良く肉類との相性は抜群ですが、長時間の燻すと煙臭くなりやすいので注意。短時間で仕上げる熱燻におすすめの燻製材です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました